ノーフォークテリアのHAMOの日常


by hamo-beans
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

振り出しに戻っちゃった・・・

お客様のテリアのお話。
その子はウチの店に来てくれるようになって2年以上が過ぎたが
当初から難題であった「爪切り」が克服できていない。
以前のショップで「出来ません」とお断りされてウチに来た。
(そのショップで子犬からやっていたのに)
飼い主でさえ足先は触れない。
当初、「口輪」の使用を考えたが、つけようとすると察知して大騒ぎ。
エリザベスカラーも同様。
仕方が無いので、バスタオルで犬の顔や頭部を包み、
覆いかぶさるようにして犬を倒して押さえ込んで切っていた。
でも、最近は足先に関しては素手で触っても大丈夫になり、
すこしずつゆっくりと爪切りも暴れない程度になって来ていた。

が、本日トリミングに来たら最初の時のように、
ケージから出たとたんうなりまくり威嚇する。
全く数分間、触らしてくれない・・・。
なので、飼い主さんへ電話をした。
何か変わったことは無かったですか?と。
すると「最近、動物病院へ行くことがあって、ついでに爪切りをしてもらった」
とのこと。
その際、暴れるし咬むからと、口輪装着したりしたらしい。
確かに咬むから怖いが、接し方を変えれば大丈夫なのに、
昔と同じように扱ってしまったらしい。
で、犬は・・・もとの凶暴犬に逆戻り・・・。
何とか、なだめすかしてトリミングは終える事ができたが、
悲しかった。
また、この前のようにやらせてくれるまでにはどれくらいの月日が
必要なのだろうか?
犬を扱う上で忘れてはいけないのは「犬も心があるということ」。
それを忘れて犬と接すると、犬はそれを示す為に行動するのだ。
(この子の場合は「咬む」という行動に)
たぶん、前のショップでの爪切りに何らかの問題があって、
犬は恐怖心から防御行動をしてしまうのではないかと思っている。
また1からやり直しである(T_T)
[PR]
by hamo-beans | 2004-11-26 01:41 | 犬床屋