ノーフォークテリアのHAMOの日常


by hamo-beans
カレンダー

2004年 11月 06日 ( 2 )

大きくなったのに・・・

犬は自分の体が大きくなった事に気がつかないのだろうか?
HAMOは小さい頃、ソファーの下の隙間を自由に出入りできて、
下から魚の「うつぼ」のように突然出てきて、
おもちゃをくわえてまた引っ込んでって遊んでいた。

が、最近少し体がしっかりしてきた彼は、下を通過する事が出来なくなった。
入る事はできるのだけど、体が下で引っかかりストップしてしまうのだ。

で、ガンガンと頭のてっぺんをぶつけている・・・。

今日は、勢い良く入り込んで通過しようとして挟まってしまった(爆)。
ピーって鼻声で、飼い主に助けを求める有様。
救助後、彼がとった行動も?
なぜかお尻からバックで下へ入っていく・・・。
どっちから入っても、引っかかるんだけどね~(笑)。

b0050254_1445628.jpg

※写真は、入り込めた小さい頃。
[PR]
by hamo-beans | 2004-11-06 23:59 | HAMO

犬ごはんの話

今まで学校とかで勉強していた「栄養学」では、
栄養素とその働きと必要量が基本的な内容で、
そういう理想的な食事を作るには、
手作りでは難しいから、良質のフードを与えるという結論。
なので、良質のフード選びっていう部分を注目していた。

実際に、使っている原料・製造過程などを目で見ることは
ほとんど出来ないのでそれは商品のラベルを参考にする。
実際にラベルに書いてあることが正しいのかは?だ。
数年前には、発がん性の添加物の有無について話題になったことがある。
有名なフードに含まれていることが判明したが、
それは許容範囲である(発ガンはしない)ということであった。
他にも、「ビーフ」と書いてあれば、牛肉だと思うかもしれないが、
牛のどの部分の肉なのかは?だし、よくみれば肉なのか?っていう
肉に見せかけた大豆製品なども含まれていたりする。
(ラベルを良く見るとわかるのだが・・・字は小さい)

我が家のフード選びも、紆余曲折しながらここまで来た。
HAMOは子犬だから状態が良くわかるので、モデル犬とした。
又、毛を抜くので抜かない子よりは、フードには気を使う必要があるし。
老犬達は、できる部分からという感じで移行している。
HAMOのお腹は順調で、当初1割程度しか混入していなかったフードを
今では5割にしている(「亀」)。
一般的にプレミアムフードとして売られているフードよりはやや高い価格だと思う。
これを、手作り(玄米とかオートミールに野菜+肉)に切り替えることも可能だ。
このフードに肉・粉ミルクというのが今現在。
肉も生が良い!らしいのだが、時々生っていう感じ。
さてさて・・・明日は、初の「生手羽」に挑戦である。
どうだろうか・・・?
[PR]
by hamo-beans | 2004-11-06 14:15 | 犬ごはん