ノーフォークテリアのHAMOの日常


by hamo-beans
カレンダー

2005年 03月 16日 ( 2 )

病院へ

マルチーズの「とて」の気管虚脱の状態を知る為に、
呼吸器系の疾患の治療に力を入れている病院へ連れて行った。
ウチからだと車で30分かからないくらいの距離。

病院のHPがあるので、もし同じような病気の子がいたら相談してみてくださいね。
こちらです→「アトム動物病院」さん

「とて」は、僧房弁閉鎖不全という心臓の病気を患っているので、
現在の咳が気管虚脱が悪化してのものなのか?という判断と、
現在の気管の状態の判断。
そして、外科的な治療を選択した方が良いと思うので、その説明。
以上を院長に診てもらった。

事前に紹介してくれた主治医からレントゲン写真や状態の連絡は
受けていたらしく診察はスムーズに進んだ。
ここの所、咳の状態には波があって、1日中している時とあまりしない時があり、
今日は後者であまりしない。こういう日々なら、手術は考えないんだけど。
でも、止まらないで苦しそうにしていて、
寝れずにウトウトとしている姿を見ているのは辛いものだ。

高額医療だけど、
手術が可能でそれによって少しでも平穏に生活が出来るのならばって、
主治医に言われてからのこの数日間で思った。
もちろん、金額によっては「無理だよ~」って事もある。
以前、「この処置を週に1回¥40000-」と言われて、頭を抱えたこともあるし。
とまぁ、覚悟をして今日を迎えたわけです。

先生に気管虚脱の手術の説明を受けた。
ふむ、医療は進んでいるんだって実感。
数カットのレントゲン撮影や診察の結果、
「とて」の気管虚脱の箇所や状態がわかった。
一般的に気管虚脱になる部分の「気管」はそんなに悪くなかった(^^)
でも、そこから先の肺に入る「気管支」の部分(ちょうど心臓の上あたり)が・・・。
気管虚脱の手術で一般的に可能な部位ではない場所(T_T)
咳は、その虚脱部分と心臓が絡んでいる可能性が高いとの事だ。
手術は今あまり問題ではない場所が悪化したら、
それは現在の状況よりも危険なのでしましょうという事だった。
今後は、現在同様投薬で様子を見ることになった。
薬は主治医と先生が相談して、主治医から処方してもらうことに。
定期的にレントゲンを撮影し、経過を観察する事。
何かあればこちらでの診察を受ける事となった。

う~ん、状態がわかって良かったけれど、
スパッと治してあげる事はできないようだ(>_<)

頑張ってもらおう
[PR]
by hamo-beans | 2005-03-16 23:05 | 7DOG

こらぁ~~~!

先日、ホテルで預かっていたワンちゃんの持込のレトルトフードが
余っていたので、ウチのわんこ'sに少しずつあげた。
このレトルトフードは、「肉」のようにみえる角切りのもの。
(本物の肉では無いのだ)
こういうものを食べた事がないウチのワンコ'sの反応は・・・
マルチーズの「とて」:偽肉のみペッと食器から出して食べない。
他のメンバーは喜んで食べた。

これで済めば良かったのだが・・・

翌朝、プードルの「WARABI」がお腹を下し・・・
HAMOが明け方ピーピー鳴いて訴え、部屋に放したらピーーーーっと・・・。

他は大丈夫だったけれど、
この2人には可哀想な事をしてしまった(T_T)
反省・・・
[PR]
by hamo-beans | 2005-03-16 01:23 | 犬ごはん